③コード・ネーム/スケール名を検索する

選んだ構成音に対応するコード・ネームやスケール名を検索できるアプリです。
コードの特徴など、詳細情報も確認できます。

※コード・ネームからコードの構成音を検索したい方 → ①コードの構成音を調べるをお使いください。

※スケール名からスケールの構成音を検索したい方 → ②スケールの構成音を調べるをお使いください。

――あなたのインスピレーションの名前を見つけましょう。

【使い方】

①ドロップダウンリストから任意の項目を選んでください。
②音名をタップしてください。
コード・ネームが判定されます。

【音名の表記】

音名は、英・米式、イタリア式、日本式、ドイツ式の4種類から選べます。
初学者の方は、イタリア式(ドレミ…)にすると、馴染みやすいかもしれません。

【コードの情報】

コードの読み方、詳細情報が表示されます。
ドミナント機能を持つコードの場合は、主な解決先も表示されます。

【コードの構成音を含む主なスケール】

コードは、前後の流れや使われているキーに対しての立ち位置によって役割が変わります。
コードの構成音を含む主なスケールの情報は、モーダル・インターチェンジや、転調をする際の参考になるでしょう。

【異名同音について】

※このページでは、厳密な異名同音の区別を行っていません。
異名同音を解説します【「ド#」と「レ♭」との違いとは?】

代理コードと、USTやハイブリッド・コードの考え方

代理コードと、UST(アッパー・ストラクチャー・トライアド)やハイブリッド・コードの考え方をまとめた記事です。

音名をタップしてください。