MIDIキーボードでコード/スケール名を逆引き検索

※スマホからご覧の方は、こちらで大体同じことができます。 → ③コード/スケール名を逆引き検索

※このページの機能はPC推奨です。ブラウザは、Google ChromeMicrosoft Edgeを使ってください。(現時点では、SafariやFirefoxは非対応です。)

MIDIキーボードで入力した音に対応するコード・ネームやスケール名を逆引き検索できるアプリです。
(仮想MIDIドライバーを使用すれば、MIDIキーボードがなくても使えます。)
コードの特徴など、詳細情報も確認できます。

※MIDIデバイスを使わずに逆引き検索したい方 → ③コード/スケール名を逆引き検索をお使いください。

※ギタリスト(弦楽器奏者)の方 →⑪指板からコード/スケール名を逆引き検索がオススメです。

――あなたのインスピレーションの名前を見つけましょう。

【使い方】

①ブラウザがMIDIデバイスの使用許可を求めてきたら許可します。
②上記の「使用を開始する」ボタンを押します。
③【接続中のMIDIデバイス】に、お使いのMIDIデバイスが表示されているのを確認します。
④必要に応じて音量を調整します。
⑤MIDIキーボードを弾きます。(MIDIを入力します。)
⑥コード/スケール名が判定されます。

このアプリのより詳しい使い方をまとめた記事です。

【音が出ない場合】

・ブラウザにMIDIデバイスの使用を許可していない場合、許可してください。
・音量バーを確認してください。「音量:0」になっていると音は出ません。
・たくさん入力すると音が出なくなる場合があります。数秒待つか、ブラウザを更新してください。

【音名の表記】

音名は、英・米式、イタリア式、日本式、ドイツ式の4種類から選べます。
初学者の方は、イタリア式(ドレミ…)にすると、馴染みやすいかもしれません。

【コードの情報】

コードの読み方、詳細情報が表示されます。
ドミナント機能を持つコードの場合は、主な解決先も表示されます。

【コードの構成音を含む主なスケール】

コードは、前後の流れや使われているキーに対しての立ち位置によって役割が変わります。
コードの構成音を含む主なスケールの情報は、モーダル・インターチェンジや、転調をする際の参考になるでしょう。

【異名同音について】

※このページでは、厳密な異名同音の区別を行っていません。
異名同音を解説します【「ド#」と「レ♭」との違いとは?】

【入力のキープについて】

「入力をキープする」ボタンを押すと、鍵盤を離しても入力が保持されます。 入力をキープ中に特定の鍵盤の入力を解除するためには、同じ鍵盤をもう一度押下してください。

【【便利すぎ…】MIDIでコード/スケール名を逆引きできるWebアプリを紹介させてほしい

このアプリのより詳しい使い方をまとめた記事です。

代理コードと、USTやハイブリッド・コードの考え方

代理コードと、UST(アッパー・ストラクチャー・トライアド)やハイブリッド・コードの考え方をまとめた記事です。

ネガティヴ・ハーモニーを簡単に調べられるアプリ作った話

ネガティヴ・ハーモニーの概要をまとめた記事です。

Q.なぜ↑「使用を開始する」ボタンを押す必要があるのですか?

A.近年のブラウザは、ページを読み込んでからユーザーが操作をするまで勝手に音を鳴らせない仕様だからです。

【使い方】

①ブラウザがMIDIデバイスの使用許可を求めてきたら許可します。
②上記の「使用を開始する」ボタンを押します。
③【接続中のMIDIデバイス】に、お使いのMIDIデバイスが表示されているのを確認します。
④必要に応じて音量を調整します。
⑤MIDIキーボードを弾きます。(MIDIを入力します。)
⑥コード/スケール名が判定されます。

このアプリのより詳しい使い方をまとめた記事です。

入力されている音が表示されます。(たくさん入力すると音が出なくなる場合があります。数秒待つか、ブラウザを更新してください。)

オススメのMIDIキーボード