②スケールの構成音を調べる(60種類以上)

60を超えるスケールの構成音を、全てのキーで確認できるアプリです。

スケールの構成音を把握するのに時間を使っていませんか?
———お任せください。

もちろん、主要スケールの構成音なら暗記している方も多いと思います。
しかし、一般的な人間の記憶力には限度があります。

たとえば、今すぐ"B♭ ハンガリアン・マイナー・スケール"の構成音をイメージできますか?

…僕は無理です。笑

このアプリは、そんな悩みを解決するために作りました。

スケールのキー変更を、いちいち頭の中で考えなくて良いのです。
もちろん、色々なスケールを学ぶのにも役に立つはずです。

【音名の表記】

指板の音名は、英・米式、イタリア式、日本式、ドイツ式の4種類から選べます。

初学者の方は、イタリア式(ドレミ…)にすると、馴染みやすいかもしれません。

【スケールの情報】

スケールの名前や、情報が表示されます。

【Forte numberとは?】

Allen Forteが提唱した、「3音以上からなる音階の集合に割り当てられた数」です。

同一のForte numberを持つ"スケールの構成音の構造"が等しくなる仕組みになっています。
たとえば、メジャー・スケールとナチュラル・マイナー・スケールは、スタート位置が違うだけで同じ音の飛び方をしています。

したがって、メジャー・スケールとナチュラル・マイナー・スケールは同じForte number「7-35」が割り当てられています。

【Scale numberとは?】

「"スケールの構成音を12桁の2進数として表した数"を10進数に変換した数字」です。

たとえば、Cメジャー・スケール(ドレミファソラシ)を例に考えてみましょう。

スケールの構成音を「1」、そうでない音を「0」とすると、Cメジャー・スケールは「10101011010101」と表せますよね。
この「10101011010101」を2進数として処理するために逆に並べ替えます。

並べ替えた「101011010101」を10進数に変換すると「2741」になるので、メジャースケールのScale numberは「2741」になります。

曲情報データベース(転調・旋法・BPM)

モード(旋法)を使った曲をまとめたスプレッドシートです。

モード(旋法)を使った曲をまとめてみた。【モードについて解説】

ドリアン、フリジアン、リディアン、ミクソリディアン、ロクリアンの特徴と使用曲をまとめた記事です。

和風・日本のスケール(音階)のモード(旋法) まとめ

和風・日本のスケールと関連モードの情報をまとめた記事です。

ダイアトニックコード/テンション/モード まとめ

主な8つスケールファミリーと28種類のモードの情報をまとめた記事です。

R m2 M2 m3 M3 P4 -5 P5 +5 M6 m7 M7
♭9 9 #9 11 #11 ♭13 13

#Ⅰ/♭Ⅱ #Ⅱ/♭Ⅲ #Ⅳ/♭Ⅴ #Ⅴ/♭Ⅵ #Ⅵ/♭Ⅶ
※このページでは、厳密な異名同音の区別を行っていません。